本文へスキップ

調剤事務管理士の資格を取ろう!

調剤事務管理士 資格取得

調剤事務管理士技能認定試験受験要領/調剤事務管理士の資格と仕事

調剤事務管理士 技能認定試験 受験要領


受験資格 受験資格は問いません。
受験種目・科目 調剤事務/実技試験・学科試験(両科の受験)
試験日・時間 試験日/ 奇数月の第4土曜日(年6回実施)
試験時間/ 実技・学科併せて2時間
試験内容 (1) 実技試験/調剤報酬明細書の作成・・・・3枚
(2) 学科試験/マークシート(択一式)・・・・・10問
※(1)(2)とも資料などを参考にして答案作成が認められています。
※筆記用具は 学科・・・HB以上の黒鉛筆、 実技・・・黒のボールペン又は万年筆を使用します。計算機を除く電子手帳などの電子機器の使用はできません。
※試験は現在使用されている診療報酬点数表に基づいて実施します。
試験会場 日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等。
出題範囲 (1) 実技試験/ 調剤報酬明細書を作成するために必要な知識。
(2) 学科試験/ 法規(医療保険制度、調剤報酬の請求についての知識)
調剤報酬請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成、薬剤用語についての知識)
合格基準

(1) 実技試験/70%以上
(2) 学科試験/70点以上
※実技・学科ともに合格基準に達した場合に合格と判定します。
実技試験:得点は問題ごとに持点を定め、正解の得点合計により判定します。ただし、全問題の得点合計が合格基準に達していても、いずれか1問の得点が0点の場合は不合格となります。
学科試験:得点は100点とし、正解の得点合計により判定します。

受験料 5,000円(税込)
結果の通知 合否の結果は試験実施後1ヵ月以内に文書にて通知します。合格者には「調剤事務管理士」の称号が付与され、認定合格証が交付されます。







information

 調剤事務管理士 講座   当講座の「修了認定試験」に合格すれば、『調剤事務管理士技能認定試験』を自宅で受験できる権利が得られます!
なお、暗記を問う試験ではないので、テキストを見ながら解答できます。
 調剤事務  がくぶん総合教育センター 調剤薬局事務講座
今まで医療や調剤についてまったく関心がなかった方でも、わかりやすい教材で基礎からステップアップでき、着実にマスターできます。

調剤事務管理士

■調剤事務管理士とは
■調剤事務管理士の仕事
■調剤事務管理士のおすすめポイント

調剤事務管理士 試験

■調剤事務管理士技能認定試験
■調剤事務管理士技能認定試験要領

通信講座で学ぶ

■ユーキャンの調剤薬局事務講座
■ヒューマンアカデミー 調剤事務講座
■産業能率大学 調剤報酬事務コース
■ニック 調剤薬局事務講座
■調剤事務講座 DVD通信コース
■調剤事務 W資格取得講座
■調剤事務DVD[ビデオ]講座(通信)

その他関連資格

■介護事務管理士とは
■医療事務管理士とは


リンク集

■LINK1
■LINK2
■LINK3
■LINK4
■LINK5
■LINK6
■LINK7
■LINK8